ページ内を移動するためのショートカット

WEB投稿体験談6:アクロメガリー広報センター:ノバルティスファーマ

  • ホーム
  • 患者さんの声
  • 体験談:アクロメガリー以外の症状から、アクロメガリーが発見されることもあります。

体験談:アクロメガリー以外の症状から、アクロメガリーが発見されることもあります。
(39歳*・女性)

*年齢は体験談投稿当時のものです

私は、アクロメガリー以外の症状をきっかけに、色々な病院を回ったことで、アクロメガリーが見つかりました。そもそも病院へ行きはじめたきっかけは、“涙が多く、目をあけていると涙がずっと出ている”というアクロメガリーが原因でない症状からでした。

最初は眼科に受診に行きましたが、診断は「問題なし」。原因が分からなかったため、さまざまな病院を回りました。当時、その他にも月経の異常や手足の肥大、顔つきの変化、頭痛、体がだるく眠いなどのアクロメガリーによる症状にも悩んでおり、最終的に耳鼻科の先生から、MRIを撮れる内科の医院を受診するようにすすめられ、36歳のときに、脳下垂体に出来た腫瘍が発見されました。その後、手術を受けましたが、腫瘍を完全に取り除くことが出来ず、ガンマナイフによる治療も受けました。とにかく病名が判明するまで、5年もの歳月がかかり、足のサイズは1.5cm、指輪のサイズもだいぶ変わってしまいました。倦怠感は今でもあり、現在でも、月1回と週2回の自己注射を行い、定期的に検査を受け、経過をみています。

↑