ページ内を移動するためのショートカット

WEB投稿体験談5:アクロメガリー広報センター:ノバルティスファーマ

体験談:早期発見のきっかけは矯正歯科治療でした。
(25歳*・女性)

*年齢は体験談投稿当時のものです

私がアクロメガリーだと分かったのは、歯並びに悩み、
矯正歯科に通いだしたのがきっかけでした。

矯正歯科治療の為の検査で、顔のレントゲンを撮り、
あとは矯正器具をつけるだけという時でした。
器具をつける当日に、主治医から「気になることがあるから血液検査をしてきましょうね」と
指示を受け、その後すぐ「今すぐMRIを受けて!」と言われました。
結果、アクロメガリーにかかっていることが分かりました。

思い起こせば、20の時から時々夜に体がぎしぎしする感じがしましたし、
足も手も大きくなっていました。
汗もかくし首回りもぼてぼてしてきました。
しかし、太ったからだと思っていました。

聞いた時はショックでしたが、幸いいろいろな偶然で早めに知ることができました。
しかし、私自身、先生に聞くまでこのような病気があると知りませんでした。
もっといろんな人にこの病気を知っていただきたいと思います。

↑