ページ内を移動するためのショートカット

WEB投稿体験談1:アクロメガリー広報センター:ノバルティスファーマ

体験談:発見のきっかけは、別の病院での受診。
(64歳*・女性)

*年齢は体験談投稿当時のものです

私は初めのうちは糖尿病になり血圧も高く、薬を飲んでいました。更年期の症状も出て何年か内科にかかっていましたが、更年期症状や糖尿病も良くならず、鼻や舌や手足が大きくなっていくような、今思えばそういう感じでした。他の病院に変わり血液内科で採血して、その後、頭に腫瘍があることがわかり、アクロメガリーと診断されました。検査入院して病院で腫瘍摘出することになりました。腫瘍はかなり大きく、まずは薬物療法を行いました。その後2週間して腫瘍を摘出しました。糖尿病は残りましたが、母も糖尿病でしたので家系かなと思います。

定期的に検査をしていますが、GH(成長ホルモン)は何年かは高めでしたが、今は頻繁に通院しなくても良くなりました。アクロメガリーに関して、薬は飲んでいません。今年の冬で9年になります。原因がわかった時は、ほっとしました。今の医学は進歩しています。いろいろと体の調子が悪く悩んでいましたが、良性の腫瘍なので良くなります。がんばってください。

↑