ページ内を移動するためのショートカット

医療費助成制度の対象者:アクロメガリー広報センター

対象となる方

2018年1月時点

本制度の利用には、原則として、認定要件である「診断基準」(「指定難病」と診断される)および「重症度分類」を満たす必要があります。重症度は、以下の項目のうち、最も重症度の高い項目で判断されます。また、本制度を利用するには、難病指定医による診断が必要です。

血清成長ホルモン
(GH)濃度
血清インスリン様
成長因子-1(IGF-1)
濃度SDスコア
臨床症状
軽症 1ng/mL未満 +2.5未満 治療中の合併症がある
中等症 1ng/mL以上
2.5ng/mL未満
+2.5以上 臨床的活動性(頭痛、発汗過多、感覚異常、関節痛のうち、2つ以上の臨床症状)を認める
重症 2.5ng/mL以上 +2.5以上 臨床的活動性および合併症の進行を認める

軽症高額該当と認める場合は助成対象になります。

  • 「重症度分類」を満たさない軽症者でも、1か月ごとの指定難病の医療費総額が33,330円を超える月が年間3回以上ある場合には認定対象となります。(「年間」とは、申請日の月から起算して12月前の月から申請日の月までの期間を指します。)
  • *申請する際には、「自己負担上限額管理票」または「医療機関の領収書」が証明になります。

医療費助成制度についての最新情報、お問い合わせ先はこちら

↑