ページ内を移動するためのショートカット

アクロメガリー治療の目的:アクロメガリー広報センター

なぜ治療をするの?

アクロメガリー治療の大きな目的は、成長ホルモン(GH)の過剰な分泌による症状の改善と合併症の抑制です。

早期治療による症状の改善

早期に治療を行うことで、成長ホルモン(GH)の過剰な分泌によるさまざまな症状の改善が期待できます。

早期に成長ホルモン(GH)の分泌を抑えることで改善が期待できる症状

  • 手足の増大
  • 関節痛、手足のしびれ
  • 月経の異常
  • 発汗
  • 睡眠時無呼吸症候群
イメージ

合併症の制御

アクロメガリーの患者さんは、耐糖能異常(糖尿病)や高血圧、大腸がんなどの悪性腫瘍を合併しやすいことが報告されています1)。しかし、適切な治療を行うことでこれらの合併症の症状を抑えることができますし、健康な方と同じくらいの寿命が期待できます2)

イメージ

1)厚生労働省特定疾患間脳下垂体機能障害調査研究班 平成5年度報告書
2)Holdaway IM, et al. J Clin Endocrinol Metab 2004; 89, 667-674.

↑